「メビウスの輪」の表側
福岡の某大学に通う学生が、日々のどうでもいいことを備忘録代わりに書き記したり、オリジナルの推理小説を中心とした様々な小説をを発表したりするブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おしらせ
やっぱり日が開きがちですねえ、相応恣意です。

さて、どれだけの方が覚えていらっしゃるかは分かりませんが、以前紹介した琥珀色の南風での企画が現在進行中です。

今のところ作品が出揃い、各作品に対する感想が書かれているところです。

で、その企画の一環として本日10時よりのチャットで、それぞれ自分の作品に対する弁明をしたりしなかったりするわけなのですが、本日は僕も参加予定です。

話の流れ次第では、今回書かせていただいた『勝負の行方』の裏話なんかもあるかもしれないので、興味をもたれた方は是非。

また、チャットには興味はない方も、よろしければ各作品を読んで投票だけでもしていただけるとありがたいです。


追伸:企画が終了次第、ここに『勝負の行方』を掲載する予定だったりしますので、わざわざ他のサイトにジャンプする手間が惜しい方はよければお楽しみに。
スポンサーサイト
サボリ癖
またまた更新に間を空けてしまいました、相応恣意です。

いけませんね、サボリ癖がついてしまったようです。

別に今はテスト期間中のように忙しいというわけではありませんから。

テスト期間中はテスト期間中で、忙しかったというよりは無計画のツケが回ったという感は否めませんが……

それはさておき、『死体はタイムマシンに載って』で一つ困ったことが。

出発の時に慌てていたせいで(これも無計画に起因しますが)書きかけの小説のデータを持ってくるのを忘れてしまったのです(汗)。

そのため随分と間を空けてしまっている小説の更新が、さらに間を空けることになってしまいそうです。

お待ちいただいている方には申し訳ありませんが、その分以前読んでいただいた方にも満足いただけるような一ひねり加えたラストを用意しておりますので、是非ご期待下さい。


……言ってしまった。

このひねりが果たして評価されるものかどうか……頑張るしかないですね。
すっかりご無沙汰してしまいました
テストがあったとはいえ、随分間を空けてしまいました。

相応恣意です。

さて、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、昨日まで百人一首の大会で京都にいました。

結果は団体戦の方がベスト8(補欠の僕についぞ出場の機会は訪れませんでしたが)で、個人戦の方は2回戦負けでした。

実は個人戦の方は普通の大会とは違い、段位ごとではなく学年ごとで大会が行われたため、相手の強弱に極端な差異が生じることもしばしば。

実際、一回戦はどう考えてもC級以下(ちなみに僕はB級)の方に当たったにも関わらず、二回戦はA級の方でしたから。

ただ、二回戦はいろいろとやってしまった感がありますね……

何をどうしたのかというと、調子自体はさほど悪くなかった……というよりはむしろよかったんですが、どうにもお手が多かったんですよ。

で、なんとまあ相手が1枚の時点で数えてみると自陣が22枚(確かそれくらい、絶対に20枚は超えていた)だったんですよね。

さすがにこれはまずい、せめて二束は切ろうと巻き返しを図ったんですが……僕のかるたのスタイルにおける大きな二つの特徴を知っている方にはオチが読めたかもしれませんね。

一つ目の特徴は粘り強さ。

我ながら怒涛の守りを見せ、結果としては14枚差での敗北となりました。

このペースがもうちょっと早く出せれば、また結果は違ったんでしょうけれど、それができれば苦労しないという話です。

で、これだけなら別に構わないのですが、もう一つの特徴が厄介でして……はい、ええと、オーバーリアクションなんですよ、僕。

特に調子に乗ったときには周りが見えなくなるほど見境なくリアクションとります。

思い返すと衆目に晒された中、よくあんなリアクションがとれたなあとは思うほど大げさなリアクションでした、具体的な言及は避けますが、友人によると傍で見ていた審判や現クイーンが「プッ」と笑っていたそうです。

……えっとまあ、対戦相手のRitsのKさんには、ちょっと申し訳なかったということで話を無理やり終えたいと思います。

7日にあったお好み団体戦(特に三試合目)ではそれを凌ぐリアクションをとってしまったなんて秘密です。


さて、百人一首の大会の結果報告が長引いてしまいましたが、いくつか諸連絡。

まず、明後日(もうほとんど明日ですが)からしばらく実家に帰ります。

スケジュールを見れば分かるかと思いますが、その関係でレポートの締め切りが実質前倒しになってしまっているので、早めに仕上げたいところ。

そしてもう一つ、こちらの企画に参加させていただくことになりました。

久々のショートショートになるわけですが、やっぱりいつもどおりネタで一発勝負をすることになりそうです。

『死体はタイムマシンに乗って』の続きも早く書かなければいけないんですけれどねえ……

ちなみに文芸部内での締め切りの関係から、まちがいないくどんなに遅くとも九月中には書き上げますので、お待ちいただけると喜ばしい限りです。

長くなりましたが、この辺で。
copyright © 2006 「メビウスの輪」の表側 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。