「メビウスの輪」の表側
福岡の某大学に通う学生が、日々のどうでもいいことを備忘録代わりに書き記したり、オリジナルの推理小説を中心とした様々な小説をを発表したりするブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
骨の髄まで愛してる(求む! 感想、批評、誤字指摘)
『骨の髄まで愛してる』の連載を開始します。
公募前提で連載していきたいと考えていますので、厳しい突っ込み、及び率直な感想歓迎です。
ぜひお気軽に書き込んで行ってください。

『骨の髄まで愛してる』
第1話あらすじ:幽霊や妖怪を見ることができ、日常的にそれに親しんできた少年。
ある日彼は、自らの手に負えない異形の怪物と遭遇し、絶体絶命の危機に陥る。
そこに現れた幼い少女、彼女は少年を窮地から救うと、疑問を抱く少年に告げる。
「だってわたくし、あなたのことを骨の髄まで愛していますもの」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/02 (木) | | #[ 編集]
ちょっくら失礼しますよっと
ひとつ言い忘れていたのですが、電撃大賞といえば非常に懐かしい思い出がありました。

本好きの中学生で図書委員長(絶対権力)だった私は、友達とたまーに本の貸し借りをしていたのですが、その友達から電撃文庫の『ブギーポップは笑わない』(だったかな?確かタイトルは。)って本を借りて、何冊か読んだ覚えがあります。内容については「不思議かっこいい」というあやふやな覚えしかないのですが、あれは当時相当面白かった記憶があります。
電撃文庫の本はもう一冊読んだはずなのですが、その電撃文庫を貸してくれる友達が、転校してしまったので、そっから電撃との縁もなく、もう一冊の内容は・・・覚えてないですねー。
電撃文庫を見ると小説が好きでたまらなかったあの頃の自分を思い出します。
そして相応恣意さんがんばれ!(>_<)ってなります。

つい懐かしくて書いてしまいました。
                                         失礼
2009/04/02 (木) | URL | nabeuchi #-[ 編集]
ブギーポップは確かに面白いです
いまだ完結してませんけれどね(苦笑)。
遅くなりましたが、応援ありがとうございます。
遅くなった上に申し訳ないですが、今回は応募を見送ることにしました。
代わりに……と言ってはなんですが、来年、これを長編にして応募するつもりです。
来年、暇そうだったらぜひご協力くださいまし。
2009/04/16 (木) | URL | 相応恣意 #sP6vUlHg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 「メビウスの輪」の表側 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。